睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

寝不足解消法 アンカースリープ

現代人は忙しく、夜の生活、そして睡眠時間もまちまちになりがちです。
睡眠時間が一定でないと、睡眠不足の状態になってしまいます。

そのような人にはアンカースリープという寝不足を解消する方法があります。

これは1980年代に英国マンチェスター大の研究グループによって考案されたもので、睡眠時間の一部を、決まった時間、決まった長さとる方法です。

人の睡眠時間は浅い睡眠のレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が90分でワンセットになっています。
この90分の倍数+αの「アンカースリープ」をとれば、残りの睡眠時間が不規則であっても、連続すらしなくても、体のリズムはあまり狂わないと考え方で構成されています。

例えば、深夜2時からのどうしても見たいテレビ番組があれば、夜10時から90分×2+60分で0時まで寝ておけば、テレビを夜中に見たあとにもう一度就寝しても、翌日の昼間に眠くてしかたないなんて事は、かなり緩和されるということです。

どうしても夜中に起きていたい、もしくは起きていなければならない人は、真夜中にかけての時間配分に悩むより、この方法を試してみてください。



記事が参考になったと少しでも思っていただけたら、人気blogランキングへのリンクのクリックして投票をお願いします。(^^)/ヨロシク(クリックすることが投票になります)

睡眠の館 TOP
スポンサーサイト

充分寝ているのに眠い原因

一般に睡眠は8時間がベストなどと言われています。しかし実はこの数字あまり根拠のある話ではないともいわれています。

最近主流の定説では、必要な睡眠時間は一人一人違うようです。
つまりナポレオンのように3時間の睡眠で十分な人もいれば、10時間の睡眠が必要という人もいるということです。

大切なのは、「規則的に毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きること」といえます。

一般的に人の体温は午後4時から6時が最高で、午前4時から6時が最低になると言われています。
睡眠時間を充分とっていても、不規則な時間に寝ることにより、体のリズムが乱れ、1日中眠かったり、だるかったりという寝不足の症状が現れてくるということになります。

充分な時間寝ても眠いという人は、規則正しい生活によって、本来人間が持っているリズムを取り戻すことにより改善されると考えてよいようです。



記事が参考になったと少しでも思っていただけたら、人気blogランキングへのリンクのクリックして投票をお願いします。(^^)/ヨロシク(クリックすることが投票になります)

睡眠の館 TOP

2.睡眠時無呼吸症候群の対策

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。今回は睡眠時無呼吸症候群になった場合の対策です。
まず、認識してほしいのは、睡眠時無呼吸症候群は治療できるということです!
睡眠時無呼吸症候群は適切な治療を行えば、症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり改善することができます。
睡眠時無呼吸症候群の診断や治療は保険適応ですので、患者さんの自己負担も少なく、 合併症を防ぐので医療費の抑制にも繋がります。

そして、睡眠時無呼吸症候群の95%は閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS) といわれています。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは、上気道の閉塞によっておこる無呼吸・低呼吸状態になる症状のことです。

このサイトは睡眠治療の専門サイトではないので、細かい説明はそちらにおまかせしようと思います。

以下はご参考です。
(参考)
この閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の治療には、5つの方法があります。
1.生活習慣の改善
(減量、禁煙、禁酒、睡眠薬服用の減量など)

2.nCPAP
経鼻的持続陽圧呼吸法

3.口腔内装具
PMA(下顎前進)
TRD(舌前進)

4.外科的手術
UPPP
アデノイド・扁桃肥大除去手術
気管切開

5.薬物療法

1.睡眠時無呼吸症候群といわれる病気は?

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。今回はよく話題にある睡眠時無呼吸症候群についてです。睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠時に断続的に無呼吸を繰り返すことにより、夜きちんと睡眠時間をとったにもかかわらず、日中に眠気が襲ってくることで、交通事故等を引き起こす、恐ろしい病気のことをいいます。
この、睡眠時無呼吸症候群の『無呼吸』になる時間は、眠りが深い時間・すなわち『ノンレム睡眠』の時間によく起こります。
ノンレム睡眠』時に無呼吸を引き起こすことにより、睡眠状態は『レム睡眠』へと変わります。
『無呼吸』になる回数が多いと、深い眠りをとることができず、いくら睡眠時間を多くとっていても、脳はきちんと休むことができません。
故に日中に眠気を引き起こすのです。
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。