睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

睡眠障害 いびきは事故の原因になりうる病気

睡眠障害等に伴う睡眠不足のため起きる日中傾眠が居眠りです。
昼間車を運転している時、目を開けたまま、ほんの瞬間的に寝てしまう現象を「マイクロスリープ」と言います。
この瞬間、人は意識を失ったような状態になります。そのため危険な状況に対応できないばかりか、自ら事故を引き起こす原因となります。

また高速道路では、「ハイウエイヒプノーシス(高速催眠状態)」がクローズアップされてきました。
これはマイクロスリープ と同じで運転中、半覚醒状態で、本人は眠った自覚がないため交通事故を起こしてしまうというものです。

これらの原因は、いびきによる無呼吸症によるものといわれています。
無呼吸症状になると苦しさから目を覚まし、半覚醒状態を続けることになります。そのため夜間熟睡できず、昼間に睡魔が襲うことになるのです。このようにいびきは、本人の健康を奪うだけでなく、多くの事故やトラブルに周囲の人達まで巻き込む危険性をはらんでいるもので、病気と言っても過言ではありません。まずはすぐに自分でできるいびき対策をおすすめします。耳鼻咽喉科の専門医の診断を仰ぐことも大切です。


記事が参考になったと少しでも思っていただけたら、人気blogランキングへのリンクのクリックして投票をお願いします。(^^)/ヨロシク(クリックすることが投票になります)

睡眠の館 TOP
スポンサーサイト

睡眠時無呼吸症候群~快適生活を得る方法~

睡眠の館@シャロンです。
こんばんわ(^◇^)//~~

「現在、すぐにでも治療を要する睡眠障害を抱えている方はおよそ10人に一人。自覚症状がない人を含めると5人に一人が何らかの睡眠障害があると考えられているのです。」
睡眠の不調を訴える人々の”駆け込み寺”として知られる代々木睡眠クリニック院長・井上雄一氏によると、睡眠障害を甘く考えていると、最悪氏の危険性を孕む「問題」に直面するという。
「例えば、眠っている間に長時間呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群などは、いびきがとまることで呼吸不全に陥り、すぐさま窒息死するということはなりませんが、心臓など循環器系統に多大な負担を強いるため、将来的に心筋梗塞や心不全のリスクが高まるのです。」
睡眠時無呼吸症候群は中高年の男性に多く、無呼吸、または低呼吸(正常呼吸よりも呼吸量が少ない)が、睡眠時間1時間あたり5回以上であることが診断の根拠になるとのこと。

「通常、ご家族からみて1分程度停止しているとしたら睡眠時無呼吸症候群の疑いが強いです。その場合、気道を広げるマウスピースを使ったり、CPAP(シーパップ・経鼻的持続陽圧呼吸法)の機器を1ヶ月5000円程度でレンタルします。それを自宅で毎晩装着して寝てもらい、月1回ペースで通院してもらえば、ほとんどの場合睡眠時無呼吸はなくなります。」

CACPはグロテスクなフォルムで、一見すると、「鬱陶しくて眠れなさそう」な印象があるが、装着してみると以外に気にならず、いつも以上に快適な睡眠がとれるようだ。

睡眠障害で昼間の仕事に支障がある人には試す価値あり。おすすめです。

睡眠の館~睡眠障害等に悩める人へ~TOP
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。