睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

いびき、はぎしりの原因は?

いびきは、咽頭の筋肉が弛緩するなど、何らかの原因で上気道が狭くなるために、呼吸音が発生するものです。

原因は主に肥満、飲酒、運動不足、鼻や喉の以上が考えられます。

気になる場合は医療機関を受診すべきです。

横向きに寝るといびきは軽減するようです。
(気道が確保しやすくなるからのようです)

キリキリとかカチカチと音のする歯軋りは、歯のかみ合わせが悪い場合におこるほか、ストレスや疲れなども原因となります。

歯軋りをするひとは、7~8割が該当するといわれ、決して少なくありません。

あまりにも気になるようでしたら、医療機関の受診をおすすめします。


スポンサーサイト

ぐっすり眠るために日中できること(後編)

灯かりを消したからといって、心地よい眠りが得られるとは限りません。

満足度合いの高い眠りを得るには、日中の過ごし方も多いに関係があります。

快眠のために日中にできることを以下に紹介します。(今回は後編です)

3、通勤の帰りに2~30分程度歩く

日中の過ごし方で特に重要なのが、適度な運動です。

体を動かすときには交感神経が働き、体温の上昇を伴います。

一方、眠るときには交感神経が休息し、体温が下降します。

日中に活動することによって、夜にスムーズに睡眠状態へ移行できるようになります。

仕事の中心がデスクワークで運動することが少ない人は、帰り道、例えば一駅分を歩くような工夫をし、運動するようにしましょう。

歩くだけで随分と効果がありますよ。


4,昼食後、15分程度仮眠をとる

慢性的な睡眠不足は、日中の作業効率を下降させてしまいます。

また、糖尿病や高血圧、肥満のリスクを高め、記憶力の低下を引き起こすことにもなります。

そこで、15分程度昼食後に仮眠をとってみてはいかがでしょうか。

職場によって、やりずらい人もいるかもしれませんが、結構ききます。

眠気が解消して日中の活動量が増えるため、夜の睡眠状態への以降もスムーズにおこなえるというサイクルもできあがります。

夜の睡眠の妨げになるうたた寝も解消することに繋がるという効果も見こめます。


ぐっすり眠るため日中にできること(前編)

灯かりを消したからといって、心地よい眠りが得られるとは限りません。

満足度合いの高い眠りを得るには、日中の過ごし方も多いに関係があります。

快眠のために日中にできることを以下に紹介します。(今回は前編です)

1、朝起きたら窓際で新聞を読む
本当は、新聞を読まなくてもいいです。目的は朝日を浴びること。

目に光が当たると、睡眠に関連したホルモン(メラトニン)の分泌をストップさせます。

光を浴びて朝がきたことを自覚することで、規則正しい生活も送ることができるようになります。

日中にも合計一時間以上の太陽の光を浴びておくと、夜中のメラトニンの分泌が高まり寝つきがよくなります。

よい生活サイクルが完成ですね。

2.必ず朝食を食べること
質の良い眠りのために、実はとても朝食が大切なのです。

1日の代謝のリズムを決めているのは、朝と夜の食事、いわゆる食べることです。

特に朝食をとると脳に栄養が届き、脳のはたらきが活発になり眠気を覚まします。

朝のスタートをしっかり切ることが1日のリズム感を整え、夜の眠りのリズムを構築することになります。




ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。