睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://suiminkan.blog54.fc2.com/tb.php/15-9e863e96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

6.枕の硬さ・柔らかさ

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。


今回は使うとすごく気になるの硬さについてです。の硬さは素材によって様々であり、。そしてその硬さの好みも人それぞれ違うかと思います。
傾向としては、やはり男性は硬め、女性は柔らかめを好む傾向があるようです。

の硬さは、中の素材で決まります。
硬いが好きな方は、パイプやそばがら、ひのきなどの素材の、逆に柔らかめのが好きな方は、羽根や低反発ウレタン、またはウォーターベースのがおすすめになります。

なお、低反発ウレタン素材のの場合、温度によって硬さが全く変わってしまうものがよくあります。すべてではありませんが、寒いところではカチコチに固まってしまうこともありますので、購入時には気をつけましょう。

もし枕の硬さに違和感がある場合、枕の硬さを簡易的ではありますが、調整する方法があります。

【枕が硬く感じる場合】
枕が硬すぎると感じる場合、次のような対策をおすすめします。
◇中の素材の量を調整できる枕であれば、素材の量を減らす。
◇低反発ウレタン素材であれば、室内温度を上げていただければ若干の硬さは解消され柔らかくなります。
なお、枕の素材によっては使用している期間が長くなるにつれ、徐々に柔らかくなります。

【枕が柔らかく感じる場合】
枕が柔らかすぎると感じる場合、枕にタオルなどを一枚巻いていただければ若干硬くなります。
ただしタオルの厚さが厚すぎる場合、素材の特性や効果が失われてしまうことがありますので、できるだけ薄目のタオルをご使用いただくことをおすすめします。

睡眠の館 TOP
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://suiminkan.blog54.fc2.com/tb.php/15-9e863e96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。