睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://suiminkan.blog54.fc2.com/tb.php/4-54f156e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

3. 睡眠時間が不規則な生活をすると、なぜ体調が悪くなるのか?

こんばんわ(夜のアクセスが圧倒的に多いので)(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。今回は睡眠に関する体内リズムのお話です。
◆体内リズムの話
人間の体内時計は24時間ではなく25時間になっています。
25時間なのに、一日24時間で問題なく過ごせるのは、毎日私たちの脳が体内時計をリセットしてからだの機能を外界のリズムに合わせているからです。
リセットするのに最も効果的な要素は光。そして、ほぼ毎日同じ時刻で繰り返される仕事や勉強や家庭での生活のスケジュール。これを社会的な要素と呼んでいますが、
これらの要素の総合的な働きで、普段、なんの不便なく生活ができるのです。

さて、人体の体温や血圧、脈拍といった自律神経による活動や、ホルモンなど内分泌の活動は、それぞれ体内時計に合わせたリズムを持っています。
たとえば体温は、朝目が覚める2、3時間前から上昇を始め、夕方にピークになった後、夜にかけて下降していって、睡眠中に低くなる、という一日のリズムを持っています。
目覚める前から上昇を始めるのは、これから起きて活動を始める準備運動であり、夜に下がるのは、睡眠に備えているからです。
このように、生体のリズムはいつも通りのスケジュールをこなすためにプログラムされています。そのため、いつもと違う時間に睡眠をとろうとしたり、起きようとしてもからだの準備ができていないため、スムーズにはいきません。
しかも、これらの生体リズムは簡単に変えられるものではなく、生活サイクルの変化に合わせるには、少しずつずらしていかなくてはなりません。
生体リズムと生活サイクルが合わないままムリに生活すると、脳や自律神経、内分泌系などからだに非常に負荷がかかり、全身倦怠感や頭痛、消化不良といった症状が現れるのです。
身近なところでは、「時差ぼけ」がこの睡眠障害の部類に属していますね。
時差ぼけについても、以上のような考えに基づき、合理的な対処が可能です。
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://suiminkan.blog54.fc2.com/tb.php/4-54f156e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。