睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

6.枕の硬さ・柔らかさ

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。


今回は使うとすごく気になるの硬さについてです。の硬さは素材によって様々であり、。そしてその硬さの好みも人それぞれ違うかと思います。
傾向としては、やはり男性は硬め、女性は柔らかめを好む傾向があるようです。

の硬さは、中の素材で決まります。
硬いが好きな方は、パイプやそばがら、ひのきなどの素材の、逆に柔らかめのが好きな方は、羽根や低反発ウレタン、またはウォーターベースのがおすすめになります。

なお、低反発ウレタン素材のの場合、温度によって硬さが全く変わってしまうものがよくあります。すべてではありませんが、寒いところではカチコチに固まってしまうこともありますので、購入時には気をつけましょう。

もし枕の硬さに違和感がある場合、枕の硬さを簡易的ではありますが、調整する方法があります。

【枕が硬く感じる場合】
枕が硬すぎると感じる場合、次のような対策をおすすめします。
◇中の素材の量を調整できる枕であれば、素材の量を減らす。
◇低反発ウレタン素材であれば、室内温度を上げていただければ若干の硬さは解消され柔らかくなります。
なお、枕の素材によっては使用している期間が長くなるにつれ、徐々に柔らかくなります。

【枕が柔らかく感じる場合】
枕が柔らかすぎると感じる場合、枕にタオルなどを一枚巻いていただければ若干硬くなります。
ただしタオルの厚さが厚すぎる場合、素材の特性や効果が失われてしまうことがありますので、できるだけ薄目のタオルをご使用いただくことをおすすめします。

睡眠の館 TOP

5.枕の高さ

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。


を選ぶときに重要な高さについてお教えします。

が高すぎると、首が無理な形に曲がり、肩こりや首筋の痛みの原因になります。
また寝起きの頭痛も起きることもあります。
さらには女性には大敵の首シワが増えます。
それとは逆にが低すぎると、頭に血が上り、寝付きが悪くなったり、さらには熟睡の妨げになることもあります(シワはできづらいですが)。

ただ、の高さは人によって好みがあり、この高さがよい!という言い切ることはできません。
一般的に、男性は高め、女性は低めを好む傾向があるようです。
男性の場合2cm~5cm、女性の場合1cm~3cm程度が睡眠に適しているといえます。
これは、女性の方が比較的首の深さが浅いためです。

なお、ここで表示しているの高さは、使用しているときの高さです。
通常、を販売している際に表示されているの高さ表示は、未使用時の高さで表示しています。
これはご利用する方の体型や寝姿勢によって、使用時のの高さはそれぞれ異なるため、統一して未使用時の高さを表示しています。

もし購入したの高さに違和感がある場合、枕の高さを簡易的ではありますが、調整する方法があります。

が高く感じる場合】
の高さが高いと感じられる方は、次のようなご利用方法をおすすめします。
◇肩の下にタオルなどを入れ、肩の部分のみを少し高くすると眠りやすくなります。
の向きを変え、山の低い側を手前にして利用する。
の位置を少し下げ、肩の辺りまでサポートするようにして眠る。
◇低反発ウレタン素材のの場合は、できるだけ室内温度を上げる。

【枕が低く感じる場合】
枕が低すぎると感じる場合は、枕にタオルなどを一枚巻くことで若干高さを出すことができます。
また枕下に厚みのあるものを敷いていただいても高さを保つことができます。


睡眠の館 TOP

4.枕の中の素材

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。


さて、今回はを選ぶポイントの一つ、素材についてです。
の中の素材は、の寝心地を左右する重要な選択要素です。
 素材によって、硬めや柔らかめ、香りのするもの、通気性のよいものなど、機能的にも影響を与えます。
 それでは素材別にメリットとデメリット、選ぶポイントをご説明しましょう。(^^)

1.素材感 素材 特徴
1-1.柔らかめの素材
1-1-1.エステル
わた状の人工繊維。わたのような素材で、クッション性があり、やクッションの定番素材です。価格も安いものが多いのも特徴です。基本的には、水につけるとへたってしまうため、洗濯はできませんが、特殊加工が施してある高額のエステルは、洗えるものもあります。
ふんわりとした感覚で、柔らかめのが好みの方におすすめです。わたほこりが出るので、アレルギーがある方にはあまりオススメできません。

1-1-2.コンフォロフト
エステル(わた)の中でも最も上質な特殊加工されたコンフォロフトエステル。
見た目はふつうのエステルと変わりありませんが、エステル繊維の中に空洞が空けられた特殊加工で従来のエステル素材より、さらに通気性・クッション性に優れています。
また、繊維が絡みづらく、わたぼこりも出づらくなっています。

1-1-3.羽根
羽根素材は、水鳥の羽根を採取して、洗浄・消臭を施した天然素材です。通気性も良く、吸湿・保温・発散性に優れているので、冬は温かく、夏は涼しいという天然素材ならではの利点があります。
安価なものは、羽根素材独特の臭いがあるものもあります。

1-1-4.低反発ウレタン
低反発ウレタンは、NASAのスペースシャトルの宇宙飛行士のために開発された素材です。柔軟性に優れ、自体が頭の形に合わせて、ゆっくりと沈み、頭にフィットします。
しかし、粗悪品は、冬は硬くなり、夏には蒸れるという弱点があります。

1-2.ふつうの素材
1-2-1.パイプ
ストローを細かく切ったような形状の素材です。通気性が抜群で、虫の心配もなく耐久性にも優れています。また、丸洗いできるためいつでも清潔です。
大きさや硬さなどたくさんの種類があるのも特徴です。大きくて硬めのパイプはごつごつした感じがあります。購入する際は、硬さを確かめてください。

1-2-2.コルマ
コルマ素材は、中が空洞になった直径1cm程度のプラスチックボールに、2つの大きな穴が空いた形状の素材です。
中が空洞で穴が空いているので、空気の通りがよく通気性に優れています。また素材の一つ一つが球状になっているので、比較的柔軟性・クッション性があり、素材の流動性もあるので、睡眠時の寝返りを妨げることなく、枕がぴったりと馴染みます。

1-3.硬めの素材
1-3-1.そばがら
そばがらは、そばの実の殻を乾燥させた素材で日本で古くからの素材として愛用されています。
通気性や吸湿性に優れ、寝ている間の余分な熱を外に逃がし、汗などの余分な水分を吸収してくれます。
しかし、使っているうちに、そばがらがつぶれて粉が出ることがあります。

1-3-2.ひのき
ひのきは、天然の檜を1cmほどのサイコロ状にした素材です。天然檜の持つ防虫防湿効果に加え、滋養豊かなミネラルを含んだ爽やかな香りを放出。その香りには、フィトンチットと呼ばれる成分が含まれています。


睡眠の館 TOP

3.良い枕を選ぶ4つのポイント

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。

さて、良いを選ぶ4つのポイントをお教えしましょう。

1. 適切な高さがある
 顔の仰角が5度、個人差はありますが頚部が3~5cm、頭部が約3cmの高さです。睡眠時に頚椎(首)をしっかり支える構造のものがよいでしょう。

2. 寝心地が良い
 固さ、素材、大きさなど自分の好みに合ったで、睡眠時の発汗を自然に吸収し発散するような通気性、吸排湿性、断熱性の良いもの。

3. 寝返りに適応する
 睡眠時、自然に十分に寝返りに対応できるであること。

4. 頚椎を支える構造である
 睡眠時、首をしっかり支える構造のであること。

(参考)悪い枕のかたちとは?
 1. 偏りやすい
   睡眠時、首が落ち込み、頚椎を圧迫する。浅眠、肩こり、いびきの原因になる。
 2. 柔らかすぎる
   頭、頚、顔までにうもれてしまう。
 3. 高すぎる
   睡眠時、頚椎に負担がかかり、首痛、腰痛、手足のしびれの原因になる。
 4. 頭のおさまりの悪い
   睡眠時、首に痛みを感じ、頭だけがの上で左右に移動してしまう。

睡眠の館 TOP

2.枕の理想的な高さは?

こんばんわ(^◇^)//~~
睡眠の館@シャロンです。

さて、の高さについてですが、身長・体重にかかわらず、平均的な標準の高さは男性3cm~5cm、女性2.5cm~4cmが一番睡眠に適していると言われています。
「エエッ?そんなに低い訳ない」とお思いでしょうが、この高さは自体の高さではなく、睡眠(使用)時のの素材・敷ふとん(ベット)の沈みの度合いを踏まえた、最終的な高さを指します。
は何年も同じ高さ、形を保つことは不可能です。パンヤ、エステル等わた類3ケ月、そばがら、羽毛、パイプ等は1年位を目安に点検するのが望ましいとされているようです。


睡眠の館 TOP
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。