睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~

睡眠の館 ~睡眠に悩める人に向けた各種快眠追求サイト~
快適睡眠グッズや睡眠や睡眠に関する様々(いびき、不眠、等)な解決法を紹介するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

3.布団派ORマットレス派

睡眠の館@シャロンです。
こんばんわ(^◇^)//~~

ベッドにはマットレス、と限られたものではなく、ベッドの利便性に寝なれた布団という組み合わせもOK!です。
布団を敷くタイプの畳ベッド、また布団とマットレスの両用できるものすのこベッドなどお好みの寝心地でベッドを選ぶのも重要です。

ベッドを選ぶ際、どうしてもデザインを重視してしまいがちですが、布団もしくはマットレス、どちらで睡眠を取るかによっても、選ぶベッドは変わってきます。
次回は、布団向きベッドマットレス向きベッドを中心にご紹介いたします。


睡眠の館~睡眠障害等に悩める人へ~TOP

2.ベッドの機能 キャビネット付ベッドのすすめ

睡眠の館@シャロンです。
こんばんわ(^◇^)//~~

普段お買物する服や靴などと違い、何を判断基準として選べばよいか、なかなか分からないものです。

そこで、ここではベッドの機能をご紹介いたします。

お部屋に置くベッドも大切なインテリア。頻繁に買い換えるものではないので、出来るだけ気に入ったデザインで、永く愛用したいですよね。

寝室にベッドを置くと、かなりのスペースをベッドに占領されてしまいます。せっかくのスペースを有効に使うために、収納付のベッドがありますので、ベッド下のデッドスペースも大活躍です。引き出しは左右どちらでも取り付けることができるタイプもありますので、お部屋の間取りに合わせて選択してみてください。

<(おすすめ)キャビネット付ベッド
キャビネット付ベッドとは、枕元に棚の付いているベッドです。メガネや携帯電話・読みかけの本などを置くことができるので、ちょっとした棚があると便利です。
照明付のタイプもありますので、暗い寝室でもお手洗いに行く際など、足元の安全を確保できます。


睡眠の館~睡眠障害等に悩める人へ~TOP

1.ベッドを部屋の広さから選ぶ

睡眠の館@シャロンです。
こんばんわ(^◇^)//~~

お部屋の広さをベースに選ぶベッドを考えてみましょう。
どのくらいの広さに、どんなベッドがピッタリ置けるのでしょうか。

部屋にベッドを置くと、意外と狭く感じたりします。 ベッドの片側と足元は、50~60cmの空きが とれるのが理想的です。
また、ベッドを置くときは、ドアや窓の位置、家具の扉や引出しを使うのに必要なスペースも考えておきましょう。

最近はたくさん収納の付いたおしゃれなベッドもありますので、お部屋に合ったベッドをお選びください。


睡眠の館~睡眠障害等に悩める人へ~TOP

ベッドの選び方 はじめに

睡眠の館@シャロンです。
こんばんわ(^◇^)//~~

睡眠をよくとるために、ベッドはよく検討して購入すべきものの一つです。
ここでは、大きく以下の5つの視点から、ベッドを購入する際の検討ポイントを紹介していきます。
1.ベッドを部屋の広さから選ぶ
2.ベッドの機能~キャビネット付ベッドのすすめ
3.布団派ORマットレス派
4. ベッドをお掃除重視で選ぶ
5.ベッドを清潔さ・健康で選ぶ


睡眠の館~睡眠障害等に悩める人へ~TOP
ブログ内検索
当サイトが参考になったと思った方は人気blogランキングのクリックお願いします。 クリックを原動力にもっと役立つ記事の更新頑張ります。(^^) 人気blogランキング

睡眠の館
お気に入り登録はこちら
(^^)/


最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。